LOG IN

g.o.a.t、ブログ、Medium、noteの違いを目的別に比較してみた

by メグル

前回更新したg.o.a.t 非公式マニュアルではg.o.a.tの基本的な使い方についてまとめています。

わたしはnoteを中心にMedium、ブログを同時に始めています。
特にnoteに関してはkindle本を共著で出版しました。noteについてのヒントが散りばめられていますよ。

ブログを既に長く続けている人、アフィリエイトをしている人からみると「g.o.a.t、Medium、note」は全く別のものとして見えていると思います。そして「ブログのほうがいい」と。

今回は半年間note、Medium、ブログ同時に始めた私だから言えるg.o.a.tも含めたそれぞれのサイトの特徴を整理してみます。

考える基準は「何をしたいの?」「誰と繋がりたいの?」

どれが1番いいのか?という質問は人によって基準が違えば結果も変わります。そこで比べる基準を決めます。その結果「何をしたいのか!?」と「誰と繋がるの?」です。

「なにをしたいの?」

これはわざわざインターネットで発信をする目的です。単純に「日記を書きたい」から「アフィリエイトで収入を得たい」「絵、小説、マンガなどを趣味でも書き続けたい」と様々です。目的によって得意とするサービスが違います。

「誰と繋がりたいの?」

ブログも1人で続けていては面白くありません。出したからすぐに読者がつくほど甘くはありませんが、サービスによって人とのつながりやすさが違います。加えてそのサービスが新しいかどうか?どんな読者がいるかでも繋がりやすさが変わります。

何をしたいの?から見たサービスの比較

普通の人がお金を稼ぎたい時に知っておくべき情報

ブログには収益の方法がいくつかあります

アフィリエイト
アドセンス
有料記事・有料マガジン 考え方
ブログ △(ブロマガ) アフィリエイト・アドセンスから広告料をもらう
note 自分で有料の記事を作って読んでもらう
Medium 今後有料記事のサービスが出る予定
g.o.a.t(β版) まだβ版なので今後に注目

ブログとnoteの違いは誰からお金をもらうのか?です。ブログは広告主からお金をもらい、noteは読者から直接お金をもらいます。そのため「稼ぎたい」基準で考えるとサービスによって取る戦略が変わることを知っておきましょう。

1カラムが基本のg.o.a.t、Medium、noteは広告を置くスペースがない

g.o.a.t、Medium、noteのようなサービスは「文章を書く・読むことに専念ができる」ようにサイドバーを外しています。そのためgoogleアドセンスのようなクリック型の広告はブログにしかありません。テキスト型のアフィリエイトであればできないことも無いですが相性がそこまでいいわけではありません。

「ただの日記を書きたい、写真・イラスト+文章をつけたい、お金なんて別に考えていないから早くブログがしたい」ならブログ以外の方がいい

ブログで稼ぐためにはSEOを勉強する必要があります。「google検索で上位に上がるためにはどうすればよいか」という技術です。しかもSEOの観点から1つの記事に1000字程度の量を求められます。それに比べ「そんなに長い文章書けない、書かなくていい」のであればブログ以外のサービスの方が相性がいいです。そしてブログはよっぽどデザインやCSSなどのプログラムについて知っていないとダサいブログが出来上がってしまいます。比較表を以下につくりました。

すぐに使った見た目 カスタマイズ生 初心者の始めやすさ
ブログ ☓(選択肢が多い割にダサい) ◯(WordPressなど本気で勉強する必要あり) 書き始めるまでに勉強がいる
SEOが必要で1記事に1000字程度求められる
note △(ダサくなく使いやすいがMedium、g.o.a.tに比べるとイマイチ) 初心者でもすぐに始められる
Medium ◯(洗練されてる) ◯(勉強すれば更に洗練できる) 初心者でもすぐに始められるが本格的にすれば自分メディアを作って発信することができる
g.o.a.t ◯(g.o.a.tはMediumを参考にしている) △(今後増える予定) 初心者でもすぐに始められる

音楽やラジオ配信など音声サービスをしたいならnoteが強い

noteには「サウンドノート」という音声配信の機能があります。これはスマートフォンであれば5分間録音してそのままnoteに投稿できます。更にnoteの魅力的なところは「有料にできる機能」です。簡単に言うと4分の曲をアップロードして「1分は視聴できるけど、続きはお金を払ってね」ということが気軽にできます。Mediumでも外部サービスである「Sound Cloud」の埋め込み機能を使う方法もあります。

誰と繋がりたいの?基準で考える

単純に人との繋がりやすさで考える

今までサービスを使ってみて体験から人と繋がりやすい順にランクをつけます

  1. twitter,Instagramに見られるSNS
  2. Medium,noteに見られるSNS要素の入ったブログ
  3. ブログ、g.o.a.tのβバージョン(7月29日現在)

これはSNS要素がどれだけ入っているかに大きく影響します。2のSNS要素の入ったブログがわかりにくいかも知れません。Medium,noteに関しては後で個別に紹介します。

どんな読者がいるのか?

これは投稿した先にどのような読者がいるのか?という視点です。twitter,Instagramは省きますが、Mediumとnoteでは使っている人が違います。ブログは個人商店です。検索されるまでは孤独を貫かなければなりません。

どこから来るか? どんな人がいるか? 特徴
ブログ 検索またはSNS その記事に興味がある人
SNS
検索されないと人はこない個人商店のようなもの
Medium Mediumの公式メールサービス
Mediumのフォローワー
記事のシェア
記事内文章のシェア
SNS
自分のメディアを作っている人
NewsPicksを読んでそうな人
意識高そう(独断と偏見)
あなたの「記事」に魅力を感じている人
「人よりも記事」にフォーカスしたサイト作りになっている
頑張ればMedium Japanからのアクセスが期待できる
note noteのフォローワー
SNS
各種クリエイター
noteを続けて増えた友達のアクセスが多い
「記事よりも人」にフォーカスしたサイト作りになっている
頑張れば早く友達ができて続けやすくなる
g.o.a.t 新しい物に注目している人 新しいサービスに注目している人 今から始めたら先行者有意!

共同出版、コラボ企画ができるnote、Mediumの面白さ

noteとMediumにはコラボレーション機能がついています。「このテーマで何かやりましょ~」と声をかけて、同じテーマでブログを書くことが比較的簡単にできます。ブログも機能自体はありますが使い勝手に劣ります。下は私がnoteメンバー10人で行った子育てコラボマガジンです。

g.o.a.tに向いている人

ブログに向いている人

Mediumに向いている人

noteに向いている人

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はブログとそれ以外のサービスを比べてみました。g.o.a.tが正式バージョンになるにつれて新しい機能が増えると上の表も変わってくるかもしれません。使ってみて新しいことがわかりましたらこのブログで紹介しますので、ぜひtwitterでフォローをお願いします。→フォローはこちらをクリック

追伸

noteでどうやって有料記事を作ればいいのか?と悩むところだと思います。少しでもヒントが欲しいという方は有料ではありますが下の記事もご参照ください。「こうすれば絶対稼げます!」みたいなノウハウや煽り記事は書いていません。→ブレスト気分として一緒に考えていきたいという方は下の記事をクリックお願いします一緒に知恵を出し合っていけたら私も嬉しいです!(クリックしてもいきなりお金は払われないので安心してください!)

g.o.a.tの使い方、ぜひシェアお願いします

twitterもしています。g.o.a.tだけでなくnote,medium,ブログの更新情報も出していますのでぜひフォローをお願いします


メグル
OTHER SNAPS