LOG IN

疑問に答えます!g.o.a.t「埋込み」の使い方はブログのそれとは違う

by メグル

g.o.a.tには「埋込み」の機能があります。これを使うと簡単に綺麗なリンクができるのですが、普通のブログで使う『埋め込み』と使い方が少し異なります。埋込みに関しては以前に実験記事を出していましたが、さらに調査してみたので改めて整理して解説します。

目次
1.g.o.a.tの埋め込みはURLを入れるだけ。自動で埋め込んでくれる 1-1:URLを入れるだけで自動的に埋め込んでくれる
1-2:URLだけで埋め込みが上手くできる例
1-3:URLで埋め込みはできるけど別リンクとしてサイトに飛ぶ例

2.「埋込みコード」とあるけれど、直接コードを打ち込むとほとんどエラーが出る
2-1:実際のケースとその理由
2-3:唯一の例外

3.【悲報】しかしこれから変わる可能性がある!
3-1:
Embedlyが買収される!?
3-2:新しい情報がわかったら連絡ください!




g.o.a.tの埋め込みはURLを入れるだけ。自動で埋め込んでくれる

埋め込みの実験ページやg.o.a.tで記事を書くための10つのtipsで紹介しましたが改めて解説します。

URLを入れるだけで自動的に埋め込んでくれる

上の埋め込んだ記事の右下に”powered by embedly”と書いてあり、「埋め込み」はembedlyのサービスを使っていることがわかります。

ちなみにtwitterとInstagram、google mapの地図埋め込みではembedlyの文字が出てきません。つまりg.o.a.tが設定(提携?)したサービスは直接埋め込むことができ、それ以外のサイトはembeldyを使っていると推測されます。embedlyは一言でいうとURLを入れると簡単に記事の埋め込みが可能なサービスです。embedlyにURLを入れると「ブログカード」というものを作ります。

g.o.a.tは直接embedlyのサイトに行かなくても「埋め込み」でブログカードができるようになっている
g.o.a.tは直接embedlyのサイトに行かなくても「埋め込み」でブログカードができるようになっている

普通のブログやサイトでは埋め込みにはコードを用いる必要がありました。しかしg.o.a.tでは「埋込み」にそのサイトのURLを入れるだけで埋め込みが可能となっています。これはMediumを使っている人には馴染みのある機能ではないでしょうか。


URLだけで埋め込みが上手くできる例


URLで埋め込みはできるけど別リンクとしてサイトに飛ぶ例


g.o.a.tではembedlyのサイトまで行かなくても「埋込み」にURLを入れるだけで使えますが、embedlyのサイトまで行って、直接カードを作って入れることもできるようです。この方法はFumitomoさんが紹介されています。アナリティクス機能もあるようです。

enbedlyへサインインすると、アナリティクス機能もあったりして便利
コード埋め込みに失敗https://fumitomo.goat.me/3srbkYMm



「埋込みコード」とあるけれど、直接コードを打ち込むとほとんどエラーが出る

先ほどの実験ページで試したのですが、「埋め込みコード」といいながら実際のコードを入力するとエラーがでます。

実際のケース

このことはひゅうが霄さんや前述したFumitomoさんのブログでも紹介されています。

これは私見ですが、コードを直接書いても上手くできないのはg.o.a.tの「埋込み」はあくまでも「URLを入れる→ブログカードを自動作成→埋込み」という機能だからだと推測されます。初心者向けではありますが、本格的にブログを作りたい人は物足りないかもしれません。ただ現在のg.o.a.t β版はtwitterやInstagramに寄せている印象を受けています。直接コードを書けるようになるのかどうかはこれからのg.o.a.tの戦略によって変わります。



現在見つけた唯一の例外は「地図の埋込み」だけ→増えました!

地図マークのボタンで埋め込む時だけはgoogle mapの「共有→地図を埋め込む」を選ぶ必要があります。

左にある「共有」から「地図を埋め込む」を選ぶ。
左にある「共有」から「地図を埋め込む」を選ぶ。
<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m14!1m8!1m3!1d3240.486896200456!2d139.689912!3d35.6896342!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188cd4b71a37a1%3A0xf1665c37f38661e8!2z5p2x5Lqs6YO95bqB!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1470611139589" width="600" height="450" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen></iframe>

このコードだけは読み込んでくれますが、今のところ他のコードは読み込んでくれません。前述した「URLで埋め込みが上手くできる例」のサイトでは一部可能でしたが、そもそもコードを入れなくてもURLで埋め込みが可能です。
新しくコードが埋め込めるサービスが増えました!


埋め込みコードが入れられるサービス



【悲報】しかしこれから変わる可能性がある!

Embedlyが買収される!?

なお、Embedlyによれば、既存顧客に対しては当面カスタマーサポートを続ける一方で、最終的にはMediumに統合されサービスを閉鎖することも明かした。
上記サイトより

埋込み機能はサイトを離れなくてもいいためg.o.a.tの没入感を向上させてくれます。そのため埋込み機能の更なる充実化は今後g.o.a.tにとって重要な課題だと思われます。そのため、これからも変わりなく使いやすいg.o.a.tであり続ける開発が進むのだろうと思っています。これからどのように変わっていくかg.o.a.tの動向に注目です!


新しいことがわかったら連絡をください!

埋め込み機能については今後機能改善など変わっていく可能性があります。もし「新しいこと見つけたよ!」という連絡を頂ければこちらの記事でも紹介します。



「読んで試してみた」や感想などtwitterでシェアしていただけると嬉しいです!g.o.a.tを広めるためにお願いします!


twitterもしています。g.o.a.tだけでなくnote,medium,ブログの更新情報も出していますのでぜひフォローをお願いします




メグル
OTHER SNAPS